FC2ブログ

祝☆ダイエーホークス優勝

野球…巨人は好きじゃない。
なのでできればテレビの野球中継は見たくない。つまんないもん。

でもダイエーは好き。
福岡ドームまで見に行ったこともある。
ドームの中で見た花火にはビックリした。
福岡ドームのお弁当には、めんたいこのチューブが付いてた。これも驚き!
選手それぞれの応援のフリ付けを、周りを真似しながらやるのも楽しい。

残念ながら近年、応援に行ってない。
最後に行ったのは…思い出せません。

さてさて、やっとリーグ優勝決まりましたねクラッカー
出来ればその場で見ていたかったと思うのは、そのチームを応援する人なら分かってもらえるはず。

日本シリーズも見に行ってみたいな…と思いつつ、なかなかそうも行かず。

静かに行方を見守るとしましょうテレビ
スポンサーサイト



食べ出すと止まらないもの。

k949fdce.JPG今日友達に海外旅行のお土産にもらった。
ドライマンゴー。

マンゴー大好き。

生も好きだけど、ドライになったときにこの感触もたまらなく好きハート

数年前、仕事でベトナムに行った時に向こうの会社の人が帰国する私にマンゴーを袋いっぱい買ってくれた(笑)。
空港に向かう車の中で少し食べて、残りは手荷物の中にぎゅうぎゅう詰めて持って帰った。
つかまらなくってよかった…。

日本にいると、ケーキとかにのってるとかマンゴープリンくらいしか食べないけど。

今すぐ食べたいくらいだけど、ガマンガマン。
食べ出したら止まらないもん。

はぁ。
美味しい生のフルーツを食べに行きたいなぁ。
マイレージも結構貯まってることだし飛行機

骨盤矯正

ずっとやりたいと思ってたこと。
骨盤の矯正。

出産すると骨盤が開くと聞いた。
やっぱり開いたものは元に戻さねば。

でも一般的に治療費は結構高い。
実費を請求されるから。

そこでインターネットでポチポチッと検索してみたら、電車で3つ目のところに保険で骨盤矯正をしてくれる接骨院を発見!

メールして保険で本当にしてくれるのかどうかを確認して、今日行ってみた。

普通の接骨院。
高校時代に膝を痛めて地元の接骨院に通ってたときのことを思い出した。

治療は結構シンプル。
「真っすぐ立って」と言われて立つと、「歪んでるね~」とあっさり言われた。
そうかな。そんなに歪んでたかな。
ローラーがゴロゴロしてるベッドに寝て、全身をほぐす。
それから、肩と腰に低周波治療。
そして、足、腰、首、背骨などなど、次々とボキボキとやってもらった。

もともと腰は結構自分でもひねってボキボキやってる方だと思ってたけど、あんなに激しくやられたのは生まれて初めて!
でもなんかすっきりした。
足の長さも違ってたらしい。

ガツンと直したいなら週に2~3回のペースでって言われたけど、平日はさすがに行けるはずもなく。
これから時間を見て、土曜日に通うつもり。

だってかなり歪んでるって言われたし、このまま放置してたら今は腰痛がなくても、間違いなく痛くなるよって言われたし。
今痛みがないのがむしろ不思議なくらいだと。

通えるだけ頑張ってみよーっと。

ハッピーバースデー♪

5fvsbltq.JPGまたひとつ歳をとってしまいましたチューリップ
今日で28です。

大ちゃんとユウがハッピーバースデーをお祝いしてくれました。

家族っていいね~。
一緒にいろんなことをお祝いしたりして。
プレゼントももらったよプレゼント
美味しいケーキも買ってもらいました。

ふたりともありがとう!

DISNEY SEA



妊婦のとき以来のディズニーシーに行った。 最近ずっとずっと行きたいなって思ってて。 そしたら私が遅い夏休みをとったこともあって、ダンナが付き合ってくれた

風が強くて、陸上のパレードは中止。
ゴンドラも中止。
せっかくの平日なのに、休日に挟まれてたせいか結構混んでた>想定外。

でも美味しいランチが食べられたし、乗りたかったものにも乗れたし、お土産も買えたし、満足満足。

大ちゃん、一緒に行ってくれてありがと

最近

週末は休むためにあるのではないと、最近思うようになった。
休んでいる時間はない。
ママの時間はとっても貴重なのだ。
やりたいことは山ほどあるのに、1日24時間では足りなさ過ぎる。

でも本当はゆっくりした時間もほしい。
静かにパソコンに向かう時間。
おいしいものを作る時間。
新しいレシピを考える時間。

どれも叶えようとするのはぜいたくだと思うけど、分かってるけど。

私が私の人生を歩き終えるとき、やりたいことを残さないでいられるのかな。

ふと不安。

エール

『人生はあなたが思うほど悪くない
 早く元気出して あの笑顔を見せて』

生きていると、いろいろな岐路に直面する。
いいことも悪いことも。
その度に考えて悩んで、ひとつの答えを選択する。

私の親友もそんな岐路に直面して、ずいぶん考えて悩んで、やっと答えを出した。
その結果がいいのか悪いのか。
そんなことはこれから先、彼女がどうやって生きていくかで決まるような気がする。
ある意味、ゼロに戻った彼女に私は心からエールを送りたい。

その選択が彼女をまたひとつ成長させてくれるように。
しっかりと自分の足で歩いていけるように。
いつか「そんなことあったねー」と言えるように。
まっすぐ前を向いて進めるように。

あなたがこれからもあなたらしくいられるように。