FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝焼け

ial43tjb.JPG

今朝5時半に我が家のベランダから見えた東の空の朝焼け。

そんな時間に起きている人はまだ少ないかも知れない。
いつもはだるい朝だけど、今朝は違った。
起きて窓の外をみると、夜の空の紺色と朝の空のオレンジがとってもキレイだった。
空気が澄んでるだなって思った。
季節がだんだん冬に向かっていることがよく分かる。

夏だとこの時間なら、空はすでに明るくて朝なのにもう夏の日差しが感じられる。
それはそれで好きだけど。

寒い季節、朝の空気はピンと張り詰めてて息が白いのもまた気持ちがいい。

昔、九十九里に彗星を見に行ったことを思い出すなぁ。
スポンサーサイト

キャッスル

先日お店のリストにも載せた、例のパン屋「キャッスル」。
今朝、また行ってみた。これで2回目。
お金を払う時におじさんとたわいない話をした。
「今日は暖かくなりそうですね~。」
この朝のバタバタした時間に、ちょっぴりふうっと息を抜く瞬間。
私の行く時間帯はお惣菜パン(コロッケパンとか焼きそばパンとかのこと)がまだ準備中のため、残念ながら買えず…。

朝、このパン屋に行こうって思う日にはある条件がある。
・天気がいいこと。
・保育園を出た時に時間的に余裕があること。
この二つ。

天気がいいって言うのは、ちょっと歩かなきゃならないので、雨が降ってたらパス。
時間的余裕は、いつもより出る時間が10分早かったらってこと。
キャトルに行ったら、バスに乗っていくことになるので、時間はとても大事。

今日は朝から天気もいいし、最近にしてはめずらしく暖かいし、とっても気持ちよく鼻歌を歌いながら向かった。

…この行き先が会社じゃなきゃもっといいのに。

仕方ないねー。仕事はサボれません。

私の思い出? 絵心

小さい頃から何だかんだといろいろな習い事をさせてもらってきたけど、かなり好きだったのが「お絵描き」だ。

幼稚園の頃から小学生の間、ずーっと通いつづけた。
古い民家を開放して教室になっていた。
もちろん奥の部屋では、先生の家族が住んでいた。
トイレは汲み取り式で、小さい私にはちょっとした恐怖だった(笑)。

なぜ「絵心」か。

そこのお絵描き教室は、とにかく自由だった。
毎週課題があって、いろんなことを経験できた。
例えば、今週は「自画像」、次の週は「工作で粘土」、「自由製作(何をしてもいい)」、「写生」などなど。
クレヨン、水彩、ポスターカラー、油絵。
工作は、電気のこぎり、普通ののこぎり、ヤスリ、彫刻刀、カッター。
いろんな物の使い方も教わった。
絵を描くと、描いた絵の裏に先生がコメントを書いてくれた。
題名と先生のひとこと。
それも楽しみのひとつだったり。

小学校も高学年になると、音楽、家庭科、図工が担任の先生とは別授業になった。
小学校も中学校も、図工・美術の先生は嫌いだった。
学校だと教育方針だとか指針だとかがあって、お絵描き教室とはわけが違うとは思うけど。

それぞれの作品に対して明らかな先生個人の趣向の押し付けがあって、すごく不愉快な思いを何度もした。
ひどかったのは、中学の時の美術の先生。
2年生の時に、ワケの分からない不可解な理由をつけて成績を2段階も下げられた。
5段階評価の4から2に!
ありえない…と思ったけど、どうしようもなく。
まぁ授業中に先生と口論すれば仕方なかったのかもしれないけど。
でも私にもかなり譲れない部分があったりして。

とにかく、絵が特別うまいわけでもなく、美術部だったわけでもなく、単に絵が好きだと言うだけで絵に対する美意識だとか、自分の中の絵心だとかはたぶん、あのお絵描きでの経験が土台となっているんだと今でも信じてる。

そしてそれは、私の中で絶対的に揺るぎない部分にあって今の私の一部分なんだろうな…と思ったりしている。

今でも機会があれば、そのお絵描きの先生のところに習いに行きたいな…と思いつつ、なかなか実現のメドもないまま。
でもユウも通わせたいな…と思う今日このごろ。
きっといろんな経験が出来るはずだから。

ジョイントコンサート

qb06ox9n.JPG参加していたのは私の小学校のときの同級生。
8月に15年ぶりの再会を果たしてから、昨日初めて彼女のピアノ演奏を聞きに行った。

小学校の卒業以来ずーっとピアノを続けて、今はピアノの先生もしてる。
私も3歳から中学2年くらいまで習ってたけど、先生から課題を与えられるのが嫌で辞めてしまった。
自分で楽しくピアノが弾ければいいと思ってたから。
最近はめっきり弾くこともなくなっちゃったけど。

コンサートは新宿のオペラシティで行われた。
私が結婚式をした思い出の場所。
行くのはかなり久しぶり。

知っている人が舞台にあがるのを見ると、なぜかとっても緊張してしまう私。
彼女が演奏している間も、ドキドキ…。
「真ん中飛ばしちゃった」って演奏後に会ったときに言ってたけど、とーっても素敵だった。
あんな風に自在にピアノが弾けたらいいな…なんて思ったりして。

今朝、バスに乗ってるときに急にピアノが弾きたくなった(笑)。
影響受けすぎかな。
でも私が弾きたいのは、なぜか福山雅治の「ひまわり」の伴奏だったり(笑)。
歌いながら、もしくは誰かに歌ってもらいながら弾くのが私には一番楽しい。

ひさしぶりに、日常とはちょっと違ういい音楽を聴いたなって思いました。

行きたいと思っていたパン屋

昨日、夕方のフジテレビのニュースのあるコーナーに、私が行きたいと思っていたパン屋が紹介されてた。

朝時々バスで駅まで行くんだけど、その途中にあって、外観がクリーム色のかわいいパン屋。
「キャッスル」という名前。

近所って言えば近所だけど、あんまり行動範囲に入ってないので、いつもバスから見るだけだった。

実は有名人も多く通う、美味しいと評判のお店だったとは!

なんか、テレビに先を越されたようでちょっと悔しい。
早く行っておけばよかった。

朝も6時半ころから営業しているみたい。
近々行ってみよーっと。
シナモンロールが美味しいんだって食パン
ちなみに場所は世田谷区中町。

楽しみー。
パン屋大好き!

気持ちのいい朝なのに

朝ちょうどバス停を通ったらバスが来て「ラッキー♪」って思ってたのに。

小銭を入れてお釣りをとったら、いやなにおいが…。

そうです。
こっちを向いていたのは運転手。
彼の口臭でした。

最悪。

サービス業なんだし、気をつけようよ怒

久しぶりに1品。

8sqryjfy.JPG久しぶりに、家にあったサツマイモと黒ゴマでケーキを一つ作ってみた。

ゴマ大好き。
黒ゴマプリンもずいぶん前に作った。
最近はちょっと時間もなくって。

本当はパウンド型で焼くんだろうけど、リング型の方が手前にあったので、こんな形。
不精してリング型にした割には、ちゃんとサツマイモが真ん中にきたな。

味もかなり私好み。
ゴマの香りと、ちょっと甘いサツマイモ餡。
これはアレンジが出来そうなレシピだな。

いただき!φ(?ー? )メモメモ

今度は・・・何にしよう?

悲しい笑顔

昨日の夜、ドラマ「恋文」の再放送を見た。
たまたま偶然だったんだけど。

渡部篤郎…好き。
あの笑顔を見ていると、なんか切ないような悲しいような気持ちになる。
ドラマの中で、いつも気の抜けた感じの寂しい人に見える。

でも笑った顔がかわいい。
ヨレッとした感じも、髪がくしゃっとしてるところも。
でも見ていると、切ない…。

笑った目じりのしわは、私の一番大好きな人に似てる。
笑った顔がかわいいところも似てる。

でも、私の大好きな人の笑顔は私を悲しい気持ちにはさせない。

秋祭り

今日明日と近所の神社で秋祭り。
この辺では、お祭りは秋に行われる。
昔農村だったせいかな。

子供の頃は毎年楽しみにしてた。
中学生の頃はちょうど時期が中間テストの前で、親に「行く」と言うとあんまりいい顔をされなかった。
今年は久しぶりにユウと実家の両親と行ってみた。

昔は鳥居の下の坂道は、両脇が露店でいっぱいだった。
北側の坂の途中には型抜きの店があって、その下はおもちゃやだった。
紐を引いておもちゃを当てるのにもはまったことがある。

今日は、昔に比べると少し寂しげだった。
露店の数が減って、食べ物屋が多かった。
おもちゃやヨーヨー釣りはなくなっていた。

まぁ寂しい寂しいと言ってもしょうがないけど、時代の流れか、景気のせいか。
それでも、子供がたくさん来ていたのを見ると、やっぱり楽しみにしてるんだなって。
そこはいつまでも変わらないんだろうな。

本当はダンナと3人で行こうと思っていたのに、朝つまらない喧嘩をして出かけていってしまったので、一緒には行かなかった。
はぁ。なんてつまらない…。

結婚記念日

098mjuq7.JPG今日で我が家は結婚3周年を迎えました。

長かったのか短かったのか。

この3年はあっという間に過ぎてしまったように思う。子供が生まれてからはなおのこと。
あの日、人前式でみんなに誓った。
なかなか結婚にOKが出なくて、プロポーズから約1年半もかかった。
新婚旅行はモルディブに行った。
新しい生活は、大変だったけど楽しかった。
2人で生活をはじめた京王線沿いの町は、結構気に入っていた。

1年を過ぎて妊娠。
そして出産。

思い出せば、いろんなことがよみがえる。
もう新婚ではないけど、新しい家族が増えて3人の形みたいなものも見えてきたように思う。
親としては、まだまだ新米。
私たちはもっともっと子供から教えられることがあるんだと思う。
そして、私たち2人がもっともっとお互いを大切にして支えあっていくことが、この家族を支える大きな力になるんだと思う。

私が彼を選んだ理由。
もう一度ちゃんと思い出してみよう。

彼が私を選んだ理由。
彼が選んだ「私」の部分を、今もなくさずに磨き続けているだろうか。

こういう節目の日には、ずっとずっといつまでも幸せな気持ちと感謝の気持ちを忘れずにお祝いしたいな。

今日はケーキを買って帰ろう。

自由が丘スイーツフォレスト

↑っていうのが、11月21日(金)に自由が丘にオープンするんだって。
ナムコが運営する、スイーツのテーマパークなんだってー。

お店は12店舗。
有名なパティシエが作ってるところも見られるらしい。
桜新町のプラチノも出店するみたい。
詳しくはコチラで↓
http://www.namco.co.jp/

自由が丘、最近行ってないなぁ。
このスイーツフォレストって大井町線沿いにあるみたいで、徒歩5分だって。
オープンの頃は混みそう。
すごい行列とかになっちゃったりして。

あ、残念ながらオープンの日は私東京にいないな。
落ち着いた頃に行ってみようかな。

私の思い出? 二子玉川

今でこそおしゃれなマダムが集うところだと言われてる。
でも、今でこそ。

私の小さい頃の二子玉川は地味だったように思う。
最近駅名も変わったけど、二子玉川園という遊園地もあった。
ジェットコースターは、古くて両親が乗ってるのを見て「壊れたらどうしよう」と思ってた。
ぐるぐる回る空中ブランコがお気に入りで、行くと必ず乗ってた。
そうそう、メリーゴーランドも。

ショーを見に行くと、悪者が舞台から降りてくるので怖くてダッシュで逃げたこともあった(笑)。

二子玉川園が閉鎖になって、その跡地に出来たスケートリンクに通ったこともある。
友達とスケート教室にも通った。
おかげで、スケートも上手になった。

行き帰りに通る道に前に乗ってたメリーゴーランドの馬が置いてあるのを見て、なんとなく寂しい気持ちにもなった。

それからナムコが出来たりねこたま、いぬたまが出来た。
実はそのどれにも私は行ったことがない。
いつも通り過ぎるだけ。

あの場所は再開発地区で、またいずれ姿を変えてしまうだろう。

新しいものが出来るときはいつも気持ちは複雑。
素敵なものが出来て欲しいと思う反面、ダッシュで逃げたあの遊園地も、いつまでも忘れないでいたい。

都民の日

10月1日は「東京都民の日」です。
今朝、バスに乗ってるときにいつも一緒になるたくさんの小学生がいないことに気づき、そんなことを思い出した。

学生でなければ多分関係ないのかもしれない。
小学校、中学校はお休みでしょ。
高校も私立だったけど、都内だったので確か休みだった。

仕事をしてる今、全然休みになるはずもなくその存在すら忘れかけてました。

せっかく都民なのに、メリットなし。
本当は何かいいことがあるのに知らないだけだったりして。
生まれてからずーっと都民なのに?

知らなくても不思議はないとちょっと思ったりもする。
だって今も実家の近くに住んでるけど、結構地元のこととかも知らないし。
知ってるのはかなり狭い範囲だけ。
雑誌に載って初めて知るお店もたくさんあったり。

そういえば、地元の友達ともずいぶん会ってないなぁ。
みんな何してるんだろう?
っていうか、ここらにまだ住んでるのかな。
誰かクラス会でもやってくれないかな←人任せ。

知らないってことは、まだまだ地元でも新しい発見があるってこと!
まだまだ楽しめるってことだな。

いーことだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。