FC2ブログ

今年も終わり・・・

mlnwtd96.JPG今年は私にとって本当に忙しい年だった。
仕事と家事・育児をこなしていくことは、想像していたよりもハードなことだった。

それでもやっぱり嬉しいのは、ユウがどんどん成長していってくれること。
今では、言葉で意思疎通が図れるようになった。
いろんなことをおしゃべりしてくれるようになった。
ごはんを食べて「ママ、ちーね(おいしいね)」って言う。
鼻をかんだティッシュをつまんで、「ティッチュー、ばっちぃねー」(笑)

さすがに疲れすぎて、ときどきぶち切れていたりもしたけどなんとかやってこられた。

来年はどんな1年になるのやら。
私たち家族にとっても、この日記を読んでくださるみなさんにとっても、素敵な1年になりますように。
スポンサーサイト



インフルエンザ予防接種

gn8wuser.JPG何年ぶりかのインフルエンザの注射。
最近採血される機会は多くても、注射は久しぶり。
嫌な予感はしたんだけど。

痛かった・・・。

針を刺したときが痛いんじゃない。
ワクチンを注入してるときが痛いの。

「あいたたたたた・・・」

思わず言ってしまった。

そして今日になったら、言われたとおりに赤く腫れてきた。
痛いようなかゆいような。

これは効くんだろうか?

ささやかな

y60uwrfh.JPG我が家のクリスマス。
久しぶりにまともにチキンを焼いた。

←これが焼く前。

これにセロリや、もう少しハーブを加えるともっと香りがついたかも。





























←焼くとこんな感じ。

簡単に作ったわりに美味しかったんだよねー。

久々にレシピアップでもしよっかな。

帰京。

mfunqxpe.JPG

今日初めて晴れた。
日差しはかなり強くて、少し放置していた車の中は暑かった。
12月なのに、クーラーを入れた。
ショッピングモールには半そでの人が結構いた。
車の窓を開けたままにしていた。

金武湾の東南側にある平安座島・浜比嘉島に渡った。
とにかく海は青い。
昔からの感じの家も多くて、石垣はゴツゴツした岩を積んだ、テレビでよく見る沖縄のイメージだった。

昨日、おとといと違って今日の風はとても穏やかだった。

まだ見たいもの、食べたいものがある。
「また来なきゃ」と思った。
今度はもう少し暖かい時期に。
出来ればあの青い海に入りたい。

東京から約2時間半。
たった2時間半であんなに空気も海も違う。
会社から見える海や空が、イヤになってしまいそうだ。

慌しかったわりに、リフレッシュした感がとてもする。
なのに、咳がひどくて声がガラガラしてるのは何でだ?

これで、今年もあと少し。
頑張って乗り切れそうだ。

沖縄2日目

6yeh62cd.JPG←これぞ沖縄。シーサーとブーゲンビリア。

もうクリスマスも目の前だと言うのに、沖縄にいるとそれすら忘れてしまいそう。

なぜなら沖縄の景色は、緑がいっぱい。
そして花が咲いている。
時々見かけるポインセチアが、ひどく不釣合いなものに見える。
耳にする曲もクリスマスソングより、沖縄の歌が多いような・・・。

今日は「美ら海水族館」と「首里城」へ。
実はこの二つは島の端と端にある。
朝から上へ下への大移動。
しかも今日も天気はいまいち。

そして我が家でも小さい対のシーサーを購入。

楽しいことっていうのは、本当に時間が経つのが早い。
時計を見るたびに、「もうこんな時間」って思ってしまう。

沖縄ののんびりした風に吹かれていると、東京での慌しさを思い出したくなくなる。
というか、忘れてしまいたい。

初体験

ioht2j1t.JPG←沖縄そばとじゅーしぃ。とっても美味しかった~。かなりヒットした(笑)。

突然、沖縄に行くことした。
決まったのは1週間くらい前。

ユウが風邪を引いたり、大ちゃんが風邪を引いたり、一時はどうなるかと心配したけどどうにか出発できた。

が。

残念ながら沖縄は天気がいまいち。
時々雨が降る。しかも寒い。
東京に比べればましだけど、沖縄の人はブルブル震えてる。

東京にいるときの私みたいだな・・・。
ふとそんなことを考えたりして。

沖縄は私の知ってる日本とは雰囲気が違う。
やっぱり独特の文化を持ってるんだって思った。

町並みはどこか東南アジアに近い。
どこか、マレーシアやタイやベトナムに。
建物が白い。
地面の土も白い。

その風景を見ているだけで楽しい。
私の知ってる日本の町並みじゃないからかな。

天気は悪くてもやっぱり海は青い。
砂浜は本当に白いし、寄せる波はにごっていない。

今日、沖縄に到着。
あとは、四国に上陸すれば本州、北海道、九州、沖縄に続き日本制覇だ。

幸せの波

49p7w5r0.JPG時々どうしようもなく幸せな気分になり、そして時々どうしようもなく未来の自分が不安になる。
子育ては大変だけど、やっぱり楽しい。まだまだいたらないことだらけのママだけど、ゆうはとてもいい子に育っていると思う。
とても陽気だし、ごはんもたくさん食べてくれるし、成長が心配になるようなことは何一つない。
ゆうきがいてくれてよかったと思う。辛いことがあっても、ゆうきがいてくれるだけで頑張れる気持ちにもなれる。
何でもしてあげたくて、いろいろなものを衝動買いしてしまうことがよくある。

その反面、楽しんでやってるつもりでも家事・育児・仕事に燃え尽きてしまうのではないかという気持ちもある。燃え尽きるほど頑張ってるわけでもないけど、時々「あーもーやーめたッ!」って叫びたくなる。
週末、2日間休みなのにもかかわらず、ゆっくりお茶を飲む時間もなく、パソコンにも向かえず、うたた寝をした数十分が唯一ゆっくりと座ってた時間だったなんてなると、「私はいつ休んだらいいんだろう?」と本気で考えてしまう。
下手すると平日より忙しかったり…。
見たいドラマもon timeでは見られず、夜中に一人録画したビデオで見ていたり(笑)。
本当は時間が足りないのではなく、時間の使い方がヘタなだけなのかも知れない。
朝目が覚めて、すぐ洗濯、掃除に取りかからないで、少しコーヒーでも飲む時間を持てばいいのかもしれない。
ひとつひとつ器用にこなし切れない自分に、はがゆさを感じることもよくあること。

そんな中で私の気持ちを少し軽くしてくれた言葉があった。
「無邪気に渾身の力で甘えてくるわが子をちゃんと受け止めるには、若い母親自身が十分に甘えることの出来る母性的環境が必要なのに、それが与えられない時代。
"環境"というと難しく聞こえるかもしれないが、要するにそれは例えば自分の努力が限界に達したとき、どんなに正しくありがたいアドバイスより"今"この子を抱いて、泣き声の届かない別室へ連れて行ってくれる誰かの手助けが得られるということ。また社会の宝を産んだあなたに敬意をはらい、子育ての知恵を伝授してくれる家族や地域の人々がいてくれるということ。」

私にはあてはまらない言葉かもしれないけど、「そうだよね。それってすっごく大切なことだよね。」と共感した言葉。共感できたのは、私にも満たされない思いがあるから…なのかな。わからないけど。でも気持ちが軽くなったのは本当。
その環境が私にはあると思う。
今、実家の近くに住んでいるのもその環境を得るためなんだと思う。

何でも大変だと思ってはいけない。
自分だけが、と思ってはいけない。
分かっていても無理なときもある。
何でも出来るわけじゃないし、完璧になんて出来るわけもない。
たぶん当たり前の毎日埋もれていく自分が、時々不安になるだけ。
毎日ってこんな当たり前なことの繰り返しなハズなのに。


子供の成長に合わせて「あれもしたい。これも一緒にしたい。」と考える。
それは自分がそうしてもらってきたように。
2人だけで楽しかったことも、3人で出来たらもっと楽しいと思う。
やっぱり「モノより思い出」。

幸せだと思うその中心には今子供がいて家族がいる。
自分のすべてを「自分」以外に捧げてしまうことは出来ないだろうけど、少なくともある程度は「まず自分」と考えなくなったところがすごいと思う。
世の中にこんなにも愛しい存在がいるのかと思うと、たまらなくなる。
それは、大ちゃんと「この先の人生をこの人と一緒に歩いて行こう」って心の底から思ったときとはまた違う気持ち。
本当に無邪気に渾身の力で甘えてくるのはこの子だけだって思うと、抱っこしてギュウギュウしてしまう。

私の気持ちの波は、寄せたりかえしたりを繰り返す。
そんな波にもなれながら、いろんなことを思う。
また不安の波に押し流されてしまいそうになるかもしれない。
そのたびに、その中でジタバタしながら乗り越えてゆくのだと思う。

燃え尽きない自分でいるために、多分私に必要なのは、時々立ち止まってひと休みすることなんだ、と思う。

テレビに

夜、めずらしく私がテレビを見ていたら、中学高校と同じ学校だった先輩がテレビに出ていた。
以前MTVに出ていたのは見たけど、あれ以来どうしたのかな・・・と思ってたら。

中学のとき、彼女(先輩)は私の入っていた部活の先輩のお友達だった。
私のことをなぜか「ももちゃん」と呼んでいた。
高校に入学したとき、まさか彼女が同じ高校にいるなんて知らなかった。
テニス部に入ったら、偶然にもいた。
最初に気づいたのは彼女の方だった。
「あー、ももちゃんだー」

私たちの高校の卒業式の日、彼女は白いチューリップの花を持って来ていた。テニス部の子たちに1輪ずつくれた。

確か、あれ以来会っていない。
彼女は私のことをまだ覚えているだろうか?

元気でいる姿を遠巻きながら見られることは嬉しい。

先輩、これからも頑張ってくださいね。陰ながら応援してます。
http://www.siyyon.net/

お世話になってます

fjbfrq7l.JPG毎日のメニューや美味しいものを探すのにいつもお世話になってるサイト、COOKPAD。
そこから、レシピ本が発売された。
遅ればせながら我が家にも届いた。

ちょっと仲良くさせてもらった人たちの名前が出ていたりすると、他人事ながら嬉しくなってしまう。
残念ながら(?)私のレシピは載ってないけど。
まぁごはん系のレシピをあまり持たない私には無縁の企画だったようにも思うけど。

何となく縁のあるものだったので、買わずにはいられない私でした。

THE ROSE

初めてこの曲を聴いたのは高校生の時だった。

歌詞も素敵だけど、徐々に歌い上げていくこの曲調も好き。
というより、やっぱりBette Midler は歌が上手いし、歌い方や声が好き。

私個人的な思いとしては、歌詞に日本語訳はつけないでほしい。
英語の歌詞を英語のまま読んで、そこから感じるニュアンスを大切にしてほしいと思うから。

最近、平井堅が歌ったのがテレビで流れているけど、やっぱりBette Midlerがサイコー!
彼女の歌に勝るものなし。

Just remember in the winter
Far beneath the bitter snows
Lies the seed that with the sun's love
In the spring becomes the rose

聴いたことのない人は、ぜひ1度聞いてください。
私の大好きなのは「Some people's live」という私が高校生当時に出たアルバム。

お気に入りの曲についてはまたいずれ。

格言

追いつめられた時には ユーモアが人を救う。

お土産に。

1vsp8pf7.JPG最近作ることから少し遠ざかりぎみだったけど、明日友達の家へ行くので久々にケーキを焼いてみた。

前回彼女が遊びに来てくれた時に、お土産にと思って作っておいたマフィンを渡すのを忘れたので、「次回は必ず」と約束していた。

あれこれと材料をそろえる時間はなかったので、フルーツ漬を使ってパウンドケーキと会社でもらったリンゴでリンゴチップ。

パウンドケーキは滅多に作らないので、ちゃんと膨らむかやや不安だったけど、100円ショップの小さ目のパウンド型2つと小さなカップに3つ分出来た。
パウンド型のできから見ると、小さなカップの分もパウンド型に入れればよかったかな。←やや少なかったかんじ。

リンゴチップは初めて作った。
オーブンで低温で乾燥させる。とにかく時間がかかる。油断をすると焦げる。
粉砂糖もあえてふらなかったので、本当にリンゴだけのチップになった。
授乳中のママにあげるんだから、これでいいんだよね。無添加だし。

このケーキもチップもユウには大変好評。
特にチップは相当気に入ったようで、最初は「すっぱい」って言ってたくせに、今ではチップを入れてあるタッパを持ち歩いて、1枚ずつ「ちょうだい」をしてる。
2個分も作ったのにあっという間。

しょうがないなぁ。
また時間をみて作ってあげようかな(笑)。

気に入ったもの

6u92k0j3.JPG

ひとめ惚れで買いました。
というより、1度迷ったものの結局買いに行きました。
誰か、かわいい名前をつけてください(笑)。

頭の後ろに手を入れるところがあって、口がパカパカ開く。まるで生茶パンダのように。
ユウに買ってあげたのではなく、私が欲しかったのねー。
実家の親には不評。いいじゃん、かわいいじゃん。

このぬいぐるみを見たユウは、「ケロケロ」って言ってた。おー、分かってるねー。

この大きさがたまらないのよね。
抱きしめがいのある、この適度な大きさがサイコー!

ちなみに。
昨日の怒りは、すでに昨日の午前中にはふっとんでた。
私は怒りが持続するタイプではないので。
むしろ、大ちゃんの方が不機嫌だったかも。
彼は、意外と持続するタイプかも!?(笑)

そうそう、我が家もだいぶクリスマスらしくなってきた。その紹介はまた日を改めて。

昨日、そして今朝から怒っている。
怒ってるっていうより、不愉快というか、まぁ機嫌はよくない。

なぜか・・・。
理由なんて大したことじゃないから。
今朝大ちゃんが私の鍵を持って出かけてしまった。もちろん、自分のも持って。

私に「出かけるな」ってことか!?って、プチギレ怒
まぁそんなことで怒ってるのには、その前からムカムカしてたことがあって、その鍵のことが追い討ちをかけた形になってしまったからなんだけど。

もう本当に本当に腹が立って、腹が立ってムカムカムカムカムカムカムカムカムカムカ・・・。
午前中に車を使う予定だったのに、これじゃ我が家の車は使えない。
実家に連絡しても、まだ寝てて電話に出ない!

はぁ。

今日はついてない日なのかも。
そう考えると、何かイヤになってきた。
私、昨日も今日も悪いことしてないと思うけどー?

たまにはちゃんと謝りなさいよ。

話すこと

「話す」ことは「離す」ことに通じる。
混乱した強烈な感情も、話すことによって自分から少し距離をおいたものとなり、客観的に事態をながめる力を回復させる助けとなる。

↑そのとおり。
悩みとかも人に話すとスッキリするのは、そのせいなのね。
上手に話せなくても、話を聞いてもらえるだけで違うよね。

本当にありがたいって思うよね。

電車の中では…

やっぱり化粧するのはダメでしょう!
と、私は思う。

今朝の電車に突然あわただしくマスカラを付け出した女の人がいた。
多分私より年齢は上。

鼻の下を伸ばして、へーんな顔で左右何度も何度も。
向かい側に座っていた若い男の子がギョッとしてた。驚きのあまり見入ってた感じ。

化粧をするのも直すのも、場所を考えなくちゃ。
どこでもやっていいものではないはず。
何でもTPOってものがあるんだから。
どうしても会社行く前にしたいのなら、あと5分早く起きなさい!と言いたい。

やっぱりさー、見苦しいよね。

最近読んだ雑誌に、「最近は女子高生が電車内で化粧する姿もオヤジっぽく見える」というコメントが載ってた。
オヤジっぽいかどうかは、別の問題。
人に迷惑をかけなければ何をしてもいいのかー!ってことじゃないのかなぁ。

…見たくないものを見せられたら、やっぱりそれは迷惑…だよね?

ちょっと説教くさい?
えー、でも嫌だと思う人は結構いると思うよ。
結構怖いと思うよ。人が化粧してるとこって。
他人に見せるもんじゃないでしょー。